ぱみの成長日記 ~2023年中学受験~

共働きパパ・ママと公立小に通うぽわぽわ男子「ぱみ」の中学受験への歩み。2年生からSAPIXに通塾中。

問題をどう読むか

今朝の基礎トレは全問正解でしたが,文章題で,筆算だけを書いているという点が一向に改善しません。

ぱみには,都度,「設問の重要な箇所には線をひいたり,〇で囲もう」とか,「いきなり筆算を始めないで,まずは,設問から式を書いて,単位などの情報も書き入れよう」と指導しているのですが・・・

どうしても,早く解答を書いて次に進みたい,という気持ちが抑えられないようです。

特に,たまたま正答だった場合,ぱみとしては,正解なのだから,それでいいじゃないかと思うらしく,言い争いになることもあり。

先日の組分けテストや復習テストの算数をみても,設問には何のマーキングもされておらず,結局,重要な設定を見落として,誤答になっています。

素直さに問題がある,ルールを守らない・・・中学受験には大きなマイナスだと思います。これも能力と言ってしまえばそうなのですが,何とかしたいとあがいています。

1月復習テスト 採点前答案

やめておこうと思いつつ,つい,サピックスマイページから,昨日の復習テストの答案をDLしてしまいました。

・・・絶句です。

算数の答案に空白の多いこと。過去最悪の出来でしょう。

えっ,これ,復習テストだよね?それなりに復習もしたよね?

今のところ,算数を個別でもやっている効果は全く感じられません。

解き直しも気が重い作業になりそうです・・・

国語は・・・とりあえず,全部埋めてありました。

 

組分けテストでの算数の残念な結果といい,意識して強化してきたつもりの算数ですが,まだまだのようです。

計算力の問題に加えて,設問をよく読んで理解することもできていないのでしょう。

 

ぱみよ,めげずにコツコツ日々の学習をがんばろう。

コース基準 1月組分けテスト

先ほど,コース基準が発表されました。

ぱみは,予想どおり,1クラス落ち・・・

あと1問くらいできていれば現状維持でした。これも実力です。

コースは少し増えて,新たにαが設定されました。

「出題のねらいと講評」に少し目を通してみましたが,うなづける点も多く,

今後の取り組みに活かしていきたいです。

今日は復習テスト

昨日,ぱみは個別に行きました。SAPIXの算数で,まだやり残していた宿題も進められたようです。

週末も,国語のデイリーサピックスの一部を振り返ったり,算数のチャレンジサピックスの間違えたところを解き直しをしましたが,準備としては万全とは言えません。

さあ,今日はどんな結果になるのでしょうか。

ブラザー複合機を購入

ブログの情報を参考に、ようやく複合機を購入しました。

Brother MFC-J6999CDWにしました。

2段トレイでもいいのかもしれませんが、設置面積は変わらないので、これに。

他の方々も書いていたように,サイズはかなり大きく、大人2人がかりで設置。ただでさえ、せまい拙宅で、すごい存在感です。

早速SAPIXのテキストを両面スキャンしてみましたが、快適!

それにB4サイズ、A3サイズをコピーできるのは、やはり便利です。今まで、CanonのA4インクジェットプリンタを、壁面収納から引き出し、腰をかがめて分割してコピーしていました。スキャンや印刷スピードも遅く、プチストレスになっていました。

現在のところ、スキャンデータはUSB保存し、PCに移動しています。PCを立ち上げていれば、そのままPC内のファイルに保存できることも確認できました。

メールでも送れるみたいですが、まだ設定がよくわかりません。

どのような保存が一番手間がかからないか、しばらく試行錯誤になりそうです。

内容が検索できるファイルとしてのスキャンファイル保存(OCR)も試してみました。便利ですが,ファイルサイズが大きくなるので,通常のスキャンにしようと思います。

なんとか中学受験が終了するまで、ADFなどのメカが不調にならないことを願っています。

新学年組分けテスト<新4年生> 成績結果速報

結果がアップされました。

予想どおり,悪かったです・・・

1クラス落ち,くらいで済めばいいのですが・・・

偏差値: 55>国語>2科目合計>算数>50  総合順位は真ん中くらい。

今回は,合計6696名が受けており,ぐっと増えてきました。

ぱみは,算数の最初の計算問題を3つも落としていました。

個別での取り組みの成果はみられず。これでは偏差値が上がりようがありません。

国語は正答率80%以上の問題を1問,間違えていましたし,最後の記述は白紙,最初のは部分点のみ。

それぞれの課題が浮き彫りになりました。

 

解き直しで状況をある程度把握し,悪い結果を覚悟していたママでしたが,やはりがっかりしています。

でも,3月の組分けテストに向けて,コツコツ前を向いてがんばります。

 

 

 

学童はもうすぐ卒業

今まで大変お世話になってきた学童も,あと少しでおしまいです。

民間の学童は,まだ利用する時もあろうかと思います。

・週2回のSAPIX

・週1回の楽器レッスン

・週1回の個別(算数のみ)

この隙間を埋めていかなければなりません。

 

私の本音としては,何も予定がない日は:

1.小学校から帰宅

2.学校および塾の宿題を一人でやる

3.適宜,休憩をはさむ

4.母または父が帰宅し,フィニッシュした課題を確認して,笑顔になる

こんなことを妄想してしまいます・・・

しかし,言うまでもなく,上記2と3は逆になるでしょうし,下手すれば,2の進捗はゼロになるかもしれません。

また,ぱみは,ぽわぽわしていて,さみしがり屋なので,一人での留守番が苦手です(まあ,海外ではそれ自体,虐待とされてしまう国もありますよね)。

先日,試しに,学童から早めに帰宅させ,自宅から個別の自習室に行かせてみました。

時間的には効率よくありませんが,わずかですが課題にも取り組んだようなので,このパターンを増やすか検討しています。